テクニカル日和。

満島ひかりに心奪われたわたくしめの伝記。

委ねなさい。

ビートルズのLet it beが好きです。

 

サビの、Let it beをひたすら連呼する部分に、「委ねなさい」の字幕が出ていた動画があって、大学2年か3年の時にそれを初めて見てちょっと衝撃受けた。

俗世に揉まれて調子に乗りそうになった時、松任谷由実は革の表紙を開き、さだまさしはおばあちゃんが握ってくれたおにぎりを思い出し、私はLet it beの日本語訳を思い出すらしい。

 

一般的には「あるがままで」みたいな訳がつくのかね?

あれだけ冒頭で「委ねなさい」に衝撃受けたとか言っておいてあれなのだが、今は「あるがままで」の方がしっくりきます。

空気よりも掴みにくい言葉だから度々見失うけれども、覚悟を決めて自分の全部を許した時の感覚に物凄く近いと思っている。

 

夢見る夢子を卒業したことで、無駄な苦しみが昔より圧倒的に減ったなと思います。受け入れることは何にも代え難い薬だともっと早く気付きたかった。

 

だいぶ生きるこつが掴めてきたなあと思うけど、病気とか、人間関係とかで思わぬ痛手に見舞われた時、またどうせ苦しむのだろうと思う。

最近体調崩したり厄介な症状に見舞われたことであらためてそう思いますた。

おやすみ。

 

最近本当に食が細くなった…フラペチーノの新作とかカフェ飯とかおしゃれ飯とかにほとんど興味なくなった。家のご飯が一番おいしい。